固定費-3000円の節約術「スマホは大手をやめて、サブキャリアに」

ブログランキング・にほんブログ村へ

どうも!カワケンです。

今回は、固定費-3000円の節約術「スマホ代」についてお話ししたいと思います。

こんな方におすすめの記事です

  • 今現在、大手キャリアを契約している方
  • スマホ代は、月に6000円〜6500円程度が、当たり前の感覚の方
  • スマホ代がいくらかかっているか知らない、または、無頓着な方

それでは、本題入っていきます。

私は今現在、Y!mobile社に契約しており、月々3000円〜3500円程度の料金で生活しております。

節約術で良く言われる「固定費の見直し」

筆頭に上がってくるのが「スマホ代」です。

一人一台の時代、避けては通れない固定費ですが、当然、安いに越したいことはないですよね。

しかしながら、いまだに大手キャリアを使い続けている方のが圧倒的に多い印象です。

現在のキャリア使用状況がわかる参考の記事です。

4キャリアは89.6%、MVNOは10.4%のシェア MMDの通信サービス利用動向調査

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2103/09/news124.html

私が、声を大にして言いたいのは・・・

「もはや大手キャリアである必要はなく、いつまで高い固定費を放置したままにしているのですか!」(大手キャリア関係者の方には先に謝っておきます・・・m(_ _)m)

と。

サービス・通信品質も良く、支持され続ける魅力もあることは、重々理解しておりますが、

やはり値段は高いと思います。

シンプルに契約会社を、サブキャリアかMVNOに変えるだけ

月にしたら、3000円〜3500円

年にしたら、36000円〜42000円

5年経ったら、180000円210000円

10年経ったら、360000円420000円

ばかにならない金額が節約できますので、検討されることをおすすめいたします。

私自身のキャリアの変遷としては、

1.Docomo(ドコモ)

2.Softbank(ソフトバンク)

3.Mineo(マイネオ)

4.Y!mobile(ワイモバイル)

となります。MVNOのMineoも1年ほど使っておりました。

MVNO(エムブイエヌオー)って、ちょっと耳慣れない言葉ですね。携帯電話などの無線通信インフラを自社で持たずに、他社のインフラを借りて音声通信やデータ通信のサービスを提供する事業者のことをそう呼ぶんです。

https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/hajimete/whats/mvno.html

あくまで、個人的な感想になりますが、

MVNOのMineoは、都会では問題なかったが、地方では通信速度に難ありでは・・・

という印象でした。

とある年末年始、地方にある実家に帰省したときは、

なんと・・・3G(スリージー)、になってました・・・ww

半端なく遅いし、・・・実家はwifiなんて気の利いたものもなく・・・終了。w

結論、サブキャリアしか勝たん!(ちょい古w)

というわけで、もう少し通信速度の早そうな、

サブキャリアの「Y!mobile」に変えたわけですが・・・

通信速度と値段のバランスが程よいので、おすすめです。

良かったら、調べてみてくださいね!

ではまた!

Y!mobile https://www.ymobile.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です